October 23, 2017

今週末、京都ヒストリカ国際映画祭にて上映!


「京都ヒストリカ国際映画祭」 http://historica-kyoto.com/

今週末、10月28日(土)より開催される世界でただ一つの歴史映画の祭典・京都ヒストリカ国際映画祭にて『仁光の受難』が関西初上映されます! 時代劇である『仁光の受難』にはうってつけの映画祭、古都・京都での上映が今から楽しみです!

『仁光の受難』作品ページ http://historica-kyoto.com/films/next/suffering-of-ninko/

上映は初日・28日(土)の16時から! 上映後のトークイベントには監督も登壇します!
関西の皆様、何卒よろしくお願いします!


そしてしばらく落ち着いていた海外映画祭情報ですが、来月の頭から開催されるスコッツデール国際映画祭でも『仁光の受難』は上映予定です! アメリカ西海岸側、メキシコに近いアリゾナ州フェニックス都市圏の街ですね。こちらは作品出品のみなので、監督は依然アメリカの地を踏めず。

「スコッツデール国際映画祭」
http://www.scottsdalefilmfestival.com/all-films-2017#/suffering-of-ninko/
他にもまだまだ海外映画祭は控えております。国内でも地方上映が始まりますし、東京上映が終わっても『仁光の受難』は世界に拡がり続けますよ!


September 15, 2017

初日舞台挨拶登壇者紹介!

本日は、きたる9月23日(土)初回舞台挨拶(チケット発売中!)の登壇者とその役どころを簡単に紹介したいと思います!

辻岡正人 辻岡正人(つじおか まさと)
仁光(にんこう):謹厳実直な修行僧。なぜか女に異常にモテる。

若林美保 若林美保(わかばやし みほ)
山女(やまおんな):峠に出没するという妖怪(あやかし)。男の精気を吸い取って殺す。

岩橋ヒデタカ 岩橋ヒデタカ(いわはし ひでたか)
勘蔵(かんぞう):粗野で不敵な旅の浪人。仁光のことを気に入り、付きまとう。

有元由妃乃 有元由妃乃(ありもと ゆきの)
能面の少女:逢魔ヶ刻の竹林で仁光が行き逢う少女。

庭月野議啓 庭月野議啓(にわつきの のりひろ)
監督:今作が長篇初監督作品。

以上の面々でお送りします!釜山国際映画祭や東京フィルメックスでの舞台挨拶とはまた違う組み合わせ。どんな舞台挨拶になるのでしょうか。ぜひ劇場に会いに来てください!
舞台挨拶回は通常回(レイトショー)よりも大きなスクリーンで本編をご覧頂けるという点でもお勧めです!

仁光の受難 【料金/席種】
1,800円(均一)/全席指定
※各種割引適用不可、前売券使用不可

【チケット販売方法】
下記、<劇場オンラインチケットシステム>及び、<劇場窓口>にて販売中です。
オンラインチケット販売URL:
https://ticket.kadokawa-cinema.jp/ticket/p0010.do?th=0016
※1公演につき、4枚までお申し込み頂けます。

★「仁光の受難」公式サイト http://ninko-movie.com/
© TRICYCLE FILM

September 8, 2017

初日舞台挨拶チケット販売開始!

仁光の受難 9/23(土)公開の映画『仁光の受難』、初日舞台挨拶の実施が決定しました!
舞台挨拶回は、通常回よりも大きなスクリーンで上映されるのでお勧めです!
詳細は下記をご確認ください。皆様のご来場をお待ちしております!

【会場・日時】
日時:2017年9月23日(土)15時15分の回
会場:角川シネマ新宿・シネマ1
※舞台挨拶は上映後に行われます。

【登壇者(予定)】
辻岡正人
若林美保
岩橋ヒデタカ
有元由妃乃
庭月野議啓監督
※登壇者は予告なく変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

【料金/席種】
1,800円(均一)/全席指定
※各種割引適用不可、前売券使用不可

【チケット販売方法】
下記、<劇場オンラインチケットシステム>及び、<劇場窓口>にて販売中です。
オンラインチケット販売URL:
https://ticket.kadokawa-cinema.jp/ticket/p0010.do?th=0016
※1公演につき、4枚までお申し込み頂けます。

★「仁光の受難」公式サイト http://ninko-movie.com/
© TRICYCLE FILM

August 4, 2017

ついに劇場公開決定! 9/23 角川シネマ新宿!

本日、ついに発表となりました!『仁光の受難』は、ポニーキャニオンさんの配給で、来たる 9月23日(土) 角川シネマ新宿にて劇場公開されます!

『仁光の受難』公式サイト
仁光の受難

まずは東京で2週間限定の公開です。地方上映についても今後進めていきますが、どれだけ多くの方にお届けできるかは東京での成績次第となってくるので、まずは東京上映に全力で挑まねばなりません。 さらなる詳細はまた後日お知らせいたします!

今回もポスター・チラシ・サイトのデザインは庭月野監督が自ら手がけています。東京フィルメックスの時に使用した「映画祭用デザイン」のポスターも、配給さんや劇場さんと共にブラッシュアップし、「広告宣伝用デザイン」に生まれ変わりました!
仁光の受難
一枚で完成されたデザインの「映画祭用」と、一枚でどんな映画なのかを全力で伝える「広告宣伝用」、こうして見比べてみると面白いですね。

完成までに4年、劇場公開までに5年、長い道のりでしたが、またひとつ「映画館にかける」という念願が叶いました。これからがまた大変なのですが、9月の公開、皆さん何卒よろしくお願いします!

予告編も、国内版がアップされています!(内容は国際版とほぼ同じですが)

June 28, 2017

アメリカ上陸!シアトル国際映画祭&ニューヨークアジアン映画祭!

『仁光の受難』、ようやくアメリカ上陸です。(監督は残念ながら上陸できず)
まずは事後報告。5月末に「シアトル国際映画祭」で三回上映されました。

「シアトル国際映画祭」
https://www.siff.net/festival/suffering-of-ninko

USプレミアとなりますが、実はシアトルは以前映画祭出品したカナダのバンクーバーやビクトリアとかなり距離が近い都市なんですよね。あの辺一帯の映画人に『仁光の受難』はかなり浸透しているんじゃないでしょうか!

そして、西海岸から東海岸へ! 明後日(6月30日)から始まるニューヨークアジアン映画祭にも出品されます!(現地に行ってみたかった!)

「ニューヨークアジアン映画祭」
https://www.filmlinc.org/festivals/new-york-asian-film-festival/#films
シアトルでもニューヨークでも、主人公の仁光より町娘がアイコンとして使われています。やはり着物と能面は引きが強いのでしょうね。

そろそろ映画祭回りも落ち着いてきたところ、国内劇場公開に関してはもう少しで詳細発表ができそうですよ。